不登校 子の道

不登校になったら最初にどこへ相談しに行けば良いのか?

投稿日:

http://thisway.fun

どうも、「学校は行かなきゃいけないの??」というTwitterアカウントで不登校問題を中心に発信活動をしているラオスのジーコ(@laolaos_koji)です。

 

小中学校の不登校は今、全国で14万人以上います。

また、中学校の不登校と不登校予備軍を合わせる44万人(中学生の8人に1人)にいると言われています。

つまり、現代において不登校はいつ誰がなってもおかしくない状況です。

 

しかし、多くの保護者の方は『まさか自分の子が不登校になるわけがない』と思っています。

 

そして、いざ自分の子が不登校になった時、どうやって対応すればいいか分からず、悩み苦しむというのを何度も見聞きしてきました。

 

そんな子どもが不登校になったばかりの方の悩みの解消の手掛かりになればと思い、今回は不登校になったときに最初に行くべきところ・頼るべき人について聞いてみることにしました。

 

【アンケート】不登校になったら最初にどこへ相談に行けば良いか?

今回も不登校向け情報発信Twitterアカウント「学校は行かなきゃいけないの??」で以下のようなアンケート調査を行いました。

すると不登校経験者・保護者の方々から約90件ものコメントいただきました。

それでは不登校経験者・保護者の皆さんの意見をいくつかピックアップして見てみましょう。

 

不登校経験者・保護者のコメント

この他のコメントはコチラから読むことができます。

 

それぞれの場所のメリット・デメリット

学校の先生

メリット

・子どもの様子を深く知っているので、具体的な対応ができる。

デメリット

・教員個人の理解・力量に左右される。
・むしろ不登校に関する理解がまったくない教員もいる。

 

病院

メリット

・医学的知見によるアドバイスを得られる。
・治療による心身の症状の回復。

デメリット

・必ずしも不登校に関して理解があるとは限らない。
・薬の服用による副作用の理解も必要。

 

スクールカウンセラー

メリット

・専門なアドバイスを得られる。
・話をしっかりと聞いてくれる。

デメリット

・当たりはずれがある。
・カウンセリングだけで実質的な問題解決に繋がらない場合がある。

 

フリースクール

メリット

・専門アドバイスを聞ける。
・実質的な解決に繋がりやすい。

デメリット

・フリースクールに入ることのメリットばかりの言われる可能性がある。
・そもそもフリースクールが近くにない。
・フリースクールによって方針が異なる。

 

Twitter・SNS

メリット

・不登校経験者のたくさんの人たちと繋がれる。
・共感を得られ安心感がある。
・一般的には出回っていないような不登校に関する情報を得られる。
・不登校の子どもの気持ちも知ることができる。

デメリット

・情報や共感は得られるが実質的な解決には至らない。

 

まとめ

今回は、不登校になったときに最初に行くべきところ・頼るべき人についてのアンケートをまとめました。

経験者のコメントからどこの機関にもメリット・デメリットがあることや、当たりはずれもあることが分かりました。

そのため、1つの機関や人だけに相談・頼るのではなく、いくつかの場所で相談に行ってみて、自分が信頼できると思えるところと繋がると良いと思います。

また、この人は信頼できないと思ったらすぐに離れるようにしましょう。

 

最後に、上記のコメントでもありましたが、これから数年以内に不登校に関連する法律や制度は大きく変わる可能性があるので、最新の情報を得るためにもTwitterのアカウントを作っておいた方が良いです。Twitterなら匿名で始めることもできるので、身バレの心配もありません。

私が運営している「先生、学校は行かなきゃいけないの??」では、不登校に関わる内容の毎日ツイートしているので、是非、フォローしてみて下さい。

 

\合わせて読みたい記事/

不登校になったときのおすすめ勉強方法・過ごし方

どうも、「学校は行かなきゃいけないの??」というTwitterアカウントで不登校問題を中心に発信活動をしているジーコ(@laolaos_koji)です。   不登校になってたぶん一番気になる ...

-不登校, 子の道
-

Copyright© コノミチ , 2019 All Rights Reserved.