オンライン教材 不登校 子の道

不登校でもオンライン教育で出席扱いにできます。

更新日:

http://thisway.fun

どうも、「学校は行かなきゃいけないの??」というTwitterアカウントで不登校問題中心に発信をしているジーコ(@laolaos_koji)です。

 

このTwitterアカウントを運営していると、不登校の中学生や、その親御さんが高校進学のための内申点と出席日数について悩んでいるツイートをよく見ます。

 

しかし、ご存知でしょうか?

実は学校に行かなくてもITを活用した学習活動を行っていれば、出席扱いにすることができるということを。

 

今回は、学校に行かずに通信教育を活用して出席扱いにする方法について書いていきます。

不登校でもオンライン教材を活用して出席扱いにできる

実は文科省は平成17年に『不登校児童生徒が自宅において IT 等を活用した学習活動を行った場合の指導要録上の出欠の取扱い等について』という通知が出されており、実は平成17年からITを活用した自宅での学習活動は出席扱いにできていました。
そして、令和元年(2019年)には、この新たに『不登校児童生徒が自宅においてICT等を活用した学習活動を行った場合の指導要録上の出欠の取扱いについて』が出されました。

不登校児童生徒が自宅においてICT等を活用した学習活動を行った場合の指導要録上の出欠の取扱いについて

不登校児童生徒の中には,学校への復帰を望んでいるにもかかわらず,家庭にひきこもりがちであるため,十分な支援が行き届いているとは言えなかったり,不登校であることによる学習の遅れなどが,学校への復帰や中学校卒業後の進路選択の妨げになっていたりする場合がある。このような児童生徒を支援するため,我が国の義務教育制度を前提としつつ,一定の要件を満たした上で,自宅において教育委員会,学校,学校外の公的機関又は民間事業者が提供するICT等を活用した学習活動を行った場合,校長は,指導要録上出席扱いとすること及びその成果を評価に反映することができることとする。

このように一定の要件を満たすことができれば、不登校でもあっても出席扱いにすることができるのです。

 

では、どうしたら学校に行かずに、出席扱いにすることができるのでしょう?

不登校生徒の出席扱いにする6つ条件

『 義務教育段階における不登校児童生徒が自宅においてICT等を活用した学習活動を行うとき,当該児童生徒が在籍する学校の長は,下記の要件を満たすとともに,その学習活動が,当該児童生徒が現在において登校を希望しているか否かにかかわらず,自ら登校を希望した際に,円滑な学校復帰が可能となるような学習活動であり,かつ,当該児童生徒の自立を助けるうえで有効・適切であると判断する場合に,指導要録上出席扱いとすること及びその成果を評価に反映することができる。』とされています。

1.保護者と学校との間に十分な連携・協力関係が保たれていること。

多くの学校の先生このITを活用すれば出席扱いにすることができるということ知りません。まずは学校の先生とIT 等を活用した学習活動と出欠の取扱いについて話し合いましょう。

2.ICT(コンピュータやインターネット,遠隔教育システムなど)や郵送,FAXなどを活用して提供される学習活動であること。

今日のオンライン教材はほとんど上記の2に当てはまる学習だと考えられます。

3.訪問等による対面指導が適切に行われることを前提とすること。

「対面指導は,当該児童生徒に対する学習支援や将来の自立に向けた支援などが定期的かつ継続的に行
われるものであること。」とありzoomなどのテレビ電話なども含まれていいでしょう。

4.学習活動は,当該児童生徒の学習の理解の程度を踏まえた計画的な学習プログラムであること。

学習活動を提供するのが民間事業者である場合には,「民間施設についてのガイドライン(試案)」を参考として,当該児童生徒にとって適切であるかどうかを学校長が判断すること。

5.校長が対面指導や学習活動の状況を十分に把握していること

最終的な決定権は校長先生あるため、当該児童生徒に対する対面指導や学習活動の状況等について、例えば,対面指導に当たっている者から定期的な報告を受けたり,学級担任等の教職員や保護者などを含めた連絡会を実施したりする。

6.基本的に当該児童生徒が学校外の公的機関や民間施設において相談・指導を受けられないような場合に行う学習活動であること

IT等を活用した学習活動を出席扱いとするのは,基本的に当該不登校児童生徒が学校外の公的機関や民間施設において相談・指導を受けられないような場合に行う学習活動であることが前提となります。

 

上記の6つを満たすことができれば、学校に行かずに自宅でオンライン教材を用いて勉強すれば出席扱いとなります。しかし、それを認めるかどうかは在籍の校長先生の判断となるので、校長先生としっかりと話し合う必要があります。

また、学習活動の成果を評価に反映する場合には,「学校が把握した当該学習の計画や内容がその学校の教育課程に照らし適切と判断される場合であること」が必要です。

 

 

詳しくは文科省の【 不登校児童生徒が自宅においてICT等を活用した学習活動を行った場合の指導要録上の出欠の取扱いについて】を熟読ください。

 

 

出席扱いの条件を満たす通信教材『すらら』の不登校サポート

上記の6つの条件を満たすオンライン教材としてオススメするのが『すらら』というオンライン教材です。

『すらら』は、お手持ちのパソコンやタブレットで学習できるオンライン教材で、不登校でお悩みの保護者に対し、お子さんが自宅にいながら自分のペースで進められる勉強法を提案しています。
また、勉強のことを相談できる「すららコーチ」がお子さんと保護者をサポートします。

『すらら』はオンライン教材でありながらサポート体制がしっかりしており、電話、メール、「すらら」上でのメッセージのみなど、保護者様やお子様の希望に合わせた形で勉強の相談はもちろん、不登校生徒の出席扱いに関しても相談に乗ることができます。

電話で「不登校生の出席扱いついて電話した。」と伝えると担当者が相談に乗ってくれます。

是非一度相談してみてはどうでしょう?

 

\合わせて読みたい記事/

不登校の子におすすめの通信教材は?スマイルゼミ・すらら・スタディサプリ特性を徹底比較

どうも、Twitterで「学校は行かなきゃいけないの??」というアカウントで不登校問題中心に発信活動をしているジーコ(@laolaos_koji)です。   ⇧この記事で書いたように、不登校 ...

-オンライン教材, 不登校, 子の道
-

Copyright© コノミチ , 2020 All Rights Reserved.