『自立とは依存先を増やすことだ』~学校は自立ではなく孤立を促している~

この記事をシェアする

自立とは、依存先を増やすことだ。

この言葉をご存知でしょうか?

脳性まひの障がいを持ちながら小児科医である熊谷晋一郎さんの言葉です(http://www.univcoop.or.jp/parents/kyosai/parents_guide01.html)。

一見、矛盾しているようにも思えるこの言葉ですが、よく考えると本当にその通りなんです。

一般的には自立は他者に依存しないで生きていくことを指しますよね。

そして、また多くの人は働き始めてお金を貰えるようになったことを自立したと言っています。

しかし、それを自立したと本当に言えるのでしょうか?

例えば、就職した会社にリストラされるとその人はたちまち路頭に迷ってしまいます。

だから、その人はその会社にリストラされないように嫌な仕事も我慢してやって、いつまでも残業をして、ブラック企業だと愚痴をこぼしながら働き続けます。

これは決して自立した状態とは呼べないですよね。むしろ少ない依存先に必死にしがみついているように見えます。

このように多くの人が思っている『就職=自立した』は全くの誤解で、それはただ単にお金が貰える依存先が親のお小遣いから、会社に移っただけなのです。

また、近年のお年寄りの孤独死なども、依存先が会社にしかなかったため定年退職後に孤立してしまうことが原因の1つとも考えられますよね。

つまり、誰にも依存しないように依存先を減らそうとすることは、自立ではなく孤立を促すのです

逆に依存先を増やすことはどこに行っても助けてくれる人がいるということです。どこに行っても助けてくれる人がいるということはどこでも生きていけるということです。それこそが自立なのです。

学校教育は自立ではなく孤立を促している??

では、学校教育はどうでしょう?

学校は得意を伸ばすよりも苦手の克服に多くのエネルギーをかけます。そしてなるべく平均的に何でもひとりでできるようになることを、そしてなるべく多くの事をひとりでできるようになることを目指します。

だから、学校教育は子どもたちが将来依存先を少なくしてひとりで生きていけるように、なるべくできた方が良いことをこれでもか!ってくらい沢山詰め込まれています。

しかし、これこそが『自立』ではなく『孤立』を目指させてしまっているのです。

ぼくの中学生の頃の国語の先生の口癖が「できない事は恥ずかしいことなんだぞ。恥を知れ!恥を!」でした。

そのため、その頃のぼくは「できない事は恥ずかしいことだから、他人に頼ることは恥ずかしいことだ。甘えだ!」と思っていました。

そうやって子どもの頃に植え付けられた価値観は簡単には拭えませんでした。

ぼくが今の『自立とは依存先を増やすことだ』という価値観に変えれたのは、ほんとつい最近の事ですから…。

そもそも人は依存なしには生きていけない。

ぼくは今、東南アジアのラオスという国で青年海外協力隊として活動しています。

協力隊になると派遣国に派遣される前に70日間の訓練があり、その国の言語をみっちりと勉強します。

しかし、70日間新しい言語(ラオ語)勉強したところでペラペラに話せるはずもなく、ラオスに来てみると1人ではできないことばかりです。

だから、人を頼らざるを得ません。

協力隊としてその現地の人のために来たはずが、逆に現地の人に頼って、助けてもらってばかりです。

しかし、みんな快くぼくを助けてくれます。

そうやって沢山の依存の中で生きるようになったぼくは、もう人を頼ること・依存することを全然、恥ずかしいこととは思っていません。

むしろ、人を頼って助けてもらった感謝の気持ちを、今度は違う人に送りたいという優しい循環が生まれました。

なぜ人に頼ることでこのような良い循環が生まれるかというとそもそも人間は何かの依存なしには生きていけないからです。

ぼくたちは産まれた瞬間から色々な人やモノや生き物に相互依存しながら生きています。

だから、どうせ依存せずには生きれないのであれば依存力を最大限に高めた方がより自由に自立して生きれるようになるのです。

皆さんの知っているであろう依存力の高い人はこの人ですかね?

(出典:ワンピース10巻「第90話 何ができる」)

こんなルフィーだからこそ自由に生きれるのです。

ルフィーのように得意を伸ばして苦手は依存すればいいんです。

世の中は甘くないと言われますが、得意を本気で伸ばそうとしている人には、結構世の中は甘いんですよ。

必ず助けてくれる人がいます。

そうですよね?皆さん!!

皆さんひとりひとりもまたぼくの依存先なのです!

この記事・価値観に共感した方は良かったらシェアをお願います(*’▽’)

近いうちに依存先を増やす方法について書こうと思います、それではまた今度。

この記事をシェアする