ラオスで出家をもう一度やりたいか?と聞かれたら…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サバイディー!

どうも、お久しぶりです。ラオスのジーコです。

はやいもので、還俗して(出家が終わって)から約1ヵ月半が過ぎました。

この間に、両親がラオスにやってきたり、仕事でルアンパバーンに出張にいったり、インフルエンザにかかったりと、バタバタと日々が過ぎていってしまい、

本当に自分は自分は出家していたんだっけ?

と思ってしまいそうなくらい昔に感じています。

今、思い返すとお寺の中の生活はやはり気持ちが楽だった。

それこそ俗世とは違い、悩み事が少なかった。

上座部仏教が「自分だけの救いを目的とした小乗仏教だ」と揶揄される理由も分らんでもないように思えた。

それほどストレスフリーの生活だった。

俗世には色々な人間の思惑があって、それぞれの思惑をwin-winな形にするために色々と考えを巡らせなければならない。

それが大変なことでもあり、面白いところでもある。

しかし、多くの人間が関われば関わるほど自分の思い通りにするのが難しくなり、心を穏やかに保つのは難しい。

それ故に俗世の方が修行になんじゃないかとも思う。

お寺のような環境で心を穏やかにできるのは当然のことのように今は思う。

「もし、出家の日々に戻れるとしたら戻りたいか?」と聞かれれば、

『戻りたい。』

しかし、

だからこそ『戻りたくない。』

それはもう知ってしまった「楽のための道」は選びたくないから。

まだ知らない「楽しい道(未知)」を選んでいきたい。

(決して出家生活が楽だというわけではなく、まだ自分の知らない「楽しい道」があるはずなのに既に知っている道を選ぶのは、まだまだ先で良いように思う)

もし、もう一度出家をすることにまだ見ぬ「楽しい未知」を見いだせたのならもう一度やる可能性はあるかもしれない。

知っていることは『楽』、知らないことは『楽しい』