協力隊のボクが途上国ラオスではなく、観光地ラオスを推す理由

この記事をシェアする

サバイディーສະບາຍດີ

どうも、旅行大好きラオスのジーコです。

 ぼくには、2年間のラオスでの協力隊生活である目標がありました。

それは『日本人の知り合いを10人以上ラオスに連れてくること』でした。

 ちなみにですね、、、

『2015年の東南アジア諸国の日本人観光客数』は、

タイが1,381,690人

ベトナムが671,379人

カンボジアが193,330人

そして、、、

ラオスは43,826人

そう、ラオスは圧倒的に他の東南アジアと比べると日本人観光客が少ないんです!

「そんなの当たり前じゃん。ラオスなんて途上国を観光地として行くわけないじゃん…。」と思った方!

それは違います!!

実はラオスは観光地としてもとても人気があります。

イギリスの有名での旅行雑誌・ワンダーラストの2015年度「満足度の高い観光地ランキング」でNO.1にラオスの古都ルアンパバーンが選ばれています。

 

つまり、、、

ただ日本人がラオスのことを知らないだけなんです。

逆に言えば今がチャンスです!!

観光客が少ないってことはラオスのどこに行っても『秘境』に行ってきたと言えます!

インスタ映え間違えなしです!!

最近は日本のテレビでもラオス特集が多くなってきていますよね。

日本でも少しずつラオスが注目されつつあるみたいです。

前置きが長くなりましたが、

ぼくが観光地としてのラオスを推す理由は何なのか?

それは、ただ単にラオスをより多くの人に知ってもらいたいからです。

皆さんは『ラオス』と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

貧困?

途上国?

メコン川?

自然?

仏教?

お寺?

「そもそもラオスってどこ?何も思い浮かばないわ…」

って方もいるのではないでしょうか?

そうなんです。

ラオスって他の東南アジアのタイやベトナム、カンボジアなどと比べると圧倒的に知名度が低いんです。

ぼくが協力隊に受かって「ラオスに行く!」と友達に言ったら、

「ラオスってどこ?アフリカ?」なんて言われたこともありました。

なぜラオスがこんなにも他の東南アジア諸国と比べて知名度が低いのか?

それはラオスが『発展途上国』としてしか知られていないからです。

日本の普通の人は旅行に発展途上国を旅行地に選ばないですよね。

だってボランティアに行きたいわけではなく、遊びたいわけですから。

だから、ぼくはラオスがもっと知名度を上げるためには『発展途上国』というレッテルを剥がし、日本人がラオスをフラットで対等な国として見れるようにする必要があると思っています。

だから、ぼくはなるべくラオスの魅力や観光地を伝えるようにしています。

ぼくは国際協力というものは必ずしも「貧しい国の人を助ける」ということではないと思っています。

ある国の人とある国の人と繋げ、彼らの世界を広げることも国際協力のひとつだと思っています。

ぼくが『日本人の知り合いを10人以上ラオスに連れてくること』を目標にしていたのは、

もし来てくれた友達がラオスでの旅行の出来事を、別の友達100人に話してくれれば、ラオスを知る人が10×100=1000人になって、

その話を聞いた友達がまた他の友達に「ラオスって良いらしいよー」と誰かに言ってくれれば、ねずみ講式にラオスを知る人が増えていってくれることを信じているからです。

もしかしたら、ぼくの記事などを読んでラオスに来てくれても「やっぱりラオスは途上国だ…。」と思う人もいるかもしれませんが、それでもいいんです。

その人がどう感じるかはその人しだいなので…。 

重要なのは、実際にラオスに来てもらうこと。

だって、1度行った国のことを忘れる人はいないでしょう?

テレビで観たことのある国と実際に行ったことのある国との差はとても大きいです。

百聞は一見に如かず、百見は一体験に如かず

とりあえず、騙されたと思って、おいでよ!ラオス!!

マジで良いから!!

ちなみにラオスの観光情報をつぶやくTwitter『おいでよラオス』@OIDElaosアカウントもある興味のある人はフォローしてみてくださいね~。

この記事をシェアする